火葬時に副葬品で棺に入れてはいけない品物

故人とのお別れに際して最後の時には、棺の中に愛用品や好んでいたものを入れてあげたいと考えます。副葬品に関しては故人の好きだった品物を入れることになりますが、棺には火葬時に入れてはいけない物もあるため注意が必要です。火葬をした際に燃えにくいもの、ガラスや金属製品など、明らかに燃えない物も入れてはいけません。生前好きで食べていた食品でも、大きなフルーツのスイカやメロンなども、意外と燃えにくい種類です。高温での加熱なので火葬で燃えるとしても、サイズの大きなものなどはそれだけ灰も大量に出てきます。問題は収骨をする時であり、大量の灰をかき分けて本来の骨を拾うのは手間です。発砲スチロールや、素材がビニールのものは、加熱すると公害につながることもあります。燃やして何か問題が起きそうな種類も、副葬品で棺には入れません。口の中に入れる入れ歯や、目が悪ければメガネも、生前に故人が身につけていることまりますが、棺に入れるには不可とされることが多いです。