火葬後骨壺に遺骨を拾い上げる骨上げの儀式

火葬を行った後に骨壺に遺骨を拾い上げて収めますが、その儀式が骨上げです。遺族は火葬が終わるまで待ち、骨壺にお骨を箸で拾い入れますが、分骨の際には2つの骨壺を使います。箸は素材も長さも異なるものが1組になっており、木製と竹製のペアで骨上げをするのは2名1組みです。収骨室に行くのは火葬後の係員が呼びに来てからであり、皆で骨上げ台に運ばれた故人の遺灰を囲みます。故人との縁の深い人から、拾い上げをはじめるので、最初に骨上げをするのは喪主です。拾い上げをするのは足の骨からであり、順番に体の上の方の骨を拾い上げしていきます。喉ぼとけ部分は1番最後に拾いますが、この役割は最も故人との縁のある人がやることです。地域的な骨上げの際の作法もありますが、係員がいて骨を拾う際には指示をしてくれます。すべての骨上げを済ませたら、骨壺の蓋を閉じて渡してくれますので、火葬場で行うことはこれで完了です。帰宅の際には喪主が受け取った遺骨を持ち、遺影や白木位牌は喪主以外の遺族が持ちます。