大都市圏では火葬場不足が深刻化しています

葬儀が終わると家族・親族が火葬場に向かい、そこで最後のお別れをして、焼却炉に棺に入ったご遺体を入れ、1時間~2時間で焼骨となり、家族・親族の手によって焼骨を骨壺に納める骨上げを行います。焼骨になる1~2時間の時間を利用して食事を摂ると言う流れが一般的です。 かつては、土葬を行っていた地方もありますが、現在では法律で禁止されており、ご遺体はすべて葬儀の最後に火葬され、その焼骨を納骨・埋骨する事になっ … Continue Reading大都市圏では火葬場不足が深刻化しています

最もシンプルな火葬だけの葬儀

どんな葬儀でも最終的には火葬を行う必要がありますが、さまざまある葬儀スタイルの中には、この火葬だけを行う火葬式と呼ばれるものもあります。「火葬式」は、通常行われる儀式(通夜や葬儀・告別式)を全て省略して火葬だけを行うという、必要最低限のことで済ませる葬儀スタイルになるでしょう。もちろんこれは葬儀社のサービスなので、棺などの最低限のものは用意されますし、ご遺体の搬送もしてもらえます。しかし祭壇も用意 … Continue Reading最もシンプルな火葬だけの葬儀

火葬の際に棺の中に入れてはいけない品

出棺の際に思い出の品や愛用していた品を棺の中に一緒に入れることが多いと思います。しかし、火葬することを考えると棺の中に入れてはいけない品があることはあまり知られていません。 今回は火葬の際に一緒に棺の中に入れてはいけない品を紹介します。 ・入れてはいけない品には理由がある 火葬の際には入れてはいけない品は火葬場によっても異なりますが、その理由としては「火葬炉の故障につながる」や、「焼却した際に環境 … Continue Reading火葬の際に棺の中に入れてはいけない品